2015年12月8日

PHP 連想配列をforeachで表示する

«
»


今回は「連想配列をforeachで表示する」を書いていきます。
 
なお、事前に、以下の記事を読んでいることが前提です。
PHP 配列のループ foreach
 
ではサンプルプログラムを見てみましょう。
 

<?php

$sales2 = array();

$sales2["sato"] = 100; //satoさんの売上
$sales2["suzuki"] = 250; //suzukiさんの売上
$sales2["tanaka"] = 30; //tanakaさんの売上

foreach ($sales2 as $key => $value) { 
	echo $key; // $keyにインデックスの文字が入っている
	echo "'s sales is ";
	echo $value; // $valueにデータが入っている
	echo "<br>";
}

実行結果

PHP 連想配列 foreach

解説

いかがでしょうか。ほとんど通常の配列のforeachと同じなのですが、
「as $key」があるのが異なります
 
連想配列では文字列による「キー」が重要ですので、 as $key とすることで
キーを取得することができます。
 
つまり、$keyにはsatoや、suzukiという文字列が入ることになります。
そして、$value には $sales2[$key] のデータが入ることになります。
 
ここで初めて出てきたと思いますが、配列の[]の中にも変数が使えるのです。

まとめ

・連想配列のforeachはas $keyでキーを取得できる
・配列の[]の中にも変数が使える

【関連する記事】