2015年10月18日

PHP はじめてのwhile文

«
»


今回からwhile文について書いてと思います。
 
for文の時も書いたのですが、大学時代の同級生の多くが
for文やwhile文といった繰返し構文で挫折していきました。
 
この山(みたいな難関)を超えれば1つ新しい世界が見えてくる、という
感じですので何度も読み返し、実際にプログラムを書きながら学びましょう。
 
まずはサンプルプログラムを見てみましょう。
 


<?php

$i = 0; //初期化する
while($i < 4){
	echo $i;
	echo "<br>"; //改行
	$i++; // $iに1を足す
}

実行結果

php while サンプル

解説

スクリーンショット 2015-10-18 6.36.43

while文もfor文同様、「繰返し」を行う命令です。
ある条件が来るまで繰返しこれを行って下さい、ということになります。
 
whileという英単語の、「・・・する間」という意味の通り、
()の中の条件を満たす間、{}の処理を繰返します
 
なお、for文を使って同じプログラムを書くとこうなります。
 


<?php
for($i = 0; $i < 4; $i++){
	echo $i;
	echo "<br>"; //改行
}


どちらで書いても実行結果は同じです。
じゃあどっちで書いたらいいの?と思われると思います。
これは次回に書いていきます。

まとめ

php while 繰返し
 

・while文は「・・・する間」繰り返す構文である
・while文でもfor文でも同じようなプログラムを書くことができる

【関連する記事】

    None Found