2015年10月9日

PHP はじめてのfor文

«
»


今回からfor文について書いてと思います。
 
大学で情報工学を専攻していた私ですが、同期の多くが
for文やwhile文といった繰返し構文で挫折していったのを見ていました。
 
私もそうですが、一度で理解するのはなかなか難しいので
実際にプログラムを書きながらゆっくりと学んでいって下さい。
 
まずはサンプルプログラムを見てみましょう。
 


<?php
for($i = 0; $i < 4; $i++){
	echo $i;
	echo "<br>"; //改行
}


実行結果

php for文

解説

php for 条件式

for文は「繰返し」を行う命令です。
ある条件が来るまで繰返しこれを行って下さい、ということになります。

for文 = 信号待ち?


参考:http://i.ytimg.com/vi/jNMKipU_kgk/maxresdefault.jpg
 
日常生活で言うと信号待ちをしている状態に近いかもしれません。
信号が赤の状態(初期状態)で、信号が青になるまで(終了条件)
待ち続ける
という行動が、for文などの繰返し処理となります。
 
for文で言うと、

初期状態(信号が赤である)⇒ 変数 $i = 0; (初期化式)
 
終了条件(信号が青になる)⇒ 変数 $i が 4 以上 (条件式)
※ 条件式は $i < 4 である間、繰り返せという意味となります。 従って、$i >= 4 になったら修了します
 
待ち続ける ⇒ {}内の処理を実行する、に加えて、$iに1 を足す(変化式)
※ $i++ についてはこちらを御覧ください。

PHP 「++」って何?

順番としては{}の処理を実行し終わったら$i++を実行します。

もう一度まとめておきましょう。
 
PHP for 初期化式 条件式 変化式
 
上図で「true」とか、「真」という言葉が出てきますが、それが「正しい時」
という意味になります。
 
実行結果を見て分かる通り、$iは0から始まるので最初は0が表示され、
$iが4になった時に、$i < 4 という条件は正しくない( $i <= 4 なら正しい) 繰返し処理が修了し、(信号が青になったイメージ)for文は修了します。

まとめ

・繰返し処理はすぐには理解できないのでゆっくりと学ぶこと
・日常生活で言うと信号待ちをしているイメージ

【関連する記事】